レーザーで改善

椎間板ヘルニアの治療について

病棟

PLDDとは椎間板ヘルニアの治療方法の一種で、近年注目されるようになってきている治療方法の事を言います。椎間板ヘルニアとは、椎間板に亀裂が入り、中身である髄核が飛び出してしまうという疾患で、神経が圧迫されてしまいます。そのため、手足の痺れや痛み、運動麻痺等といった自覚症状が現われて、場合によっては日常生活に支障をきたす事もあります。 従来椎間板ヘルニアの治療というと、飛び出た部分を摘出する手術や、消炎鎮痛薬等を用いた保存的治療が行なわれてきました。しかし、これらの治療方法では患者の体への負担が大きかったり、治るまでに長い期間を必要とする等の問題点があります。そこで考えられたのがPLDDという治療方法で、これなら患者の体への負担が少なく、日帰り手術も可能等の利点があるのが特徴です。

PLDDの特徴等について

PLDDはレーザーを使った治療方法で、簡単に言うとレーザーの力を使って、組織蒸散を行なうという方法になります。具体的には、飛び出している部分の椎間板に専用の針を刺して、その針を通してレーザーを患部で放出させるという方法です。 このレーザーの放出を行なうと、椎間板の内部に小さな空洞が発生し、それを埋めるために椎間板が委縮します。この椎間板の委縮によって、飛び出していた部分が自然に引っ込むという形になって、症状が治っていくのです。 PLDDの実際の施術では、まず患部に局所麻酔が行なわれて、麻酔が効いたところで背中側から針を刺して、レーザーを放出します。この治療方法は患部に的確に針を刺すため技術は必要ですが、従来の手術に比べれば患者の負担はかなり軽減されます。